2024年3月29日

投資家の保有する航空機エンジンのリース付売却を実施しました

当社は本邦機関投資家が保有し、欧州エアライン向けにリース中の航空機用エンジン3基の海外投資家向け売却を仲介しました。 社内に有する航空機資産の売買経験と専門性を生かした上で弊社子会社であるSGI Aviation(在オランダ)の技術的サポートを得て本案件を遂行しました。 

今後もグループ内の知見と経験を生かして投資家向けのサービスを提供してまいります。 

(写真はイメージ)

2024年3月7日

 新造ヘリコプターを取得しオペレーティングリースバックを開始しました 

当社は欧州において森林火災消防活動に従事する新造ヘリコプター2機を取得し、ヘリコプター運航会社にオペレーティングリースバック致しました。

また、2機のうち1機は、本邦投資家にリース付きで売却し、アセットマネジメント業務を受託しました。

 

深刻化する気候温暖化に伴い、欧州各国でも森林火災が増加しており、その鎮火・消火作業に必要となる機動性の高いヘリコプターは地域社会の安定に必須のもので、そのニーズは今後も増大するものと見込んでいます。

 

当社は、自社グループ内に持つ高度な専門性と長年の経験を生かして、今後も本件に代表される社会的に必須で、かつ手堅い収益性を期待できると同時に、グローバルな事業への展開を進めてまいります。


2023年11月15日

弊社のDG Fuels LLCへの出資やSAFに関する取り組みが

日刊工業新聞で紹介されました。

2023年11月10日

弊社出資先のDG Fuels LLCがSAF生産でAir FranceーKLM社との

戦略パートナーシップ及び年間75トンの追加オフテークを発表しました。

2023年9月13日

弊社出資先のDG Fuels LLCがSAF生産でエアバス社との

戦略的パートナーシップを発表しました。

2023年7月28日

DG Fuels LLCへの出資の記事が日経新聞に掲載  されました。

(2023年7月26日 日経新聞朝刊 17面)

 エネルギースタートアップのアビネール、米国でSAF事業へ - 日本経済新聞 (nikkei.com) 

2023年7月26日

持続可能な航空燃料 / Sustainable Aviation Fuel (以下 "SAF” )の製造を目指す米国DG Fuels LLC (以下”DGF” )へ出資を行いました。

 

SAFは航空業界における二酸化炭素の排出量削減の有効手段として近年注目を集めている次世代の航空燃料です。

DGFの製造するSAFは食料競合が発生しない間伐材や廃材木といった木質バイオマスを原料として注目を集めており、米国ルイジアナ州の第一工場稼働時には最大180百万ガロン/年 (70万kl/年)のSAF製造を予定しています。

製造されたSAFは米国デルタ航空やエールフランス航空などに供給されます。

aviner株式会社ではDGFの戦略的パートナーとしてアジア太平洋地域でのSAFの販売や新工場設立の可能性を含めた検討を行っており、航空・エネルギー分野での脱炭素化社会の実現に向けて取り組んでいきます。

DGFのリリース (英文): DG FUELS ANNOUNCES SUCCESSFUL COMPLETION OF KEY FINANCING MILESTONE - DGFuels


2023年6月

投資先 ㈱美作国電力の脱炭素化への取組が山陽新聞に掲載されました。

avinerは社外取締役を派遣し経営を支援しています。

(画像をクリックすると拡大します)

2022年12月
米国の貨物航空機リース会社ATSG社と、
貨物機改修用のA321ceo、A330、B767型機の
ソーシング契約を締結しました。

2021年11月
欧州航空会社から保有機体のセールアンドリースバック及び資金調達の専任アレンジャー業務を受託しました。

2021年11月
本邦エネルギー企業よりM&A専任アドバイザリー業務を受託しました。